logo 日本語版 | English
concept超撥水とはdesign風呂敷バッグ更新履歴FAQshop_listoemcontact

超撥水風呂敷『ながれ』officialサイト >> 風呂敷バッグ - furoshiki bag -

風呂敷バッグ包み

超撥水風呂敷『ながれ』を使って様々なバッグを作ってみましょう。必要なものは風呂敷1枚だけです。

ハンドバッグ(バケツ)

風呂敷バケツ

水を運ぶのにも使える、ハンドバッグスタイルの結び方です。

(1) 風呂敷を広げます。
(2) ひとつの角を結びます。(ひとつ結び)

(3) 4つの角すべてに結び目を作ります。(ひとつ結び)
結び目から先の長さ位置を揃えるのがポイントです。
(4) 隣の端どうしを結びます。(真結び)

完成です。


ショルダーバッグ

風呂敷ショルダーバッグ

ちょっとした荷物を入れるのに便利なショルダーバッグスタイルの結び方です。

(1) 風呂敷を広げます。
(2) 表が内側になるように、半分に三角形に折ります。

(3) 両方の端をそれぞれ結びます。(ひとつ結び)
(4) 裏返します。
(5) 残りの2つの角どうしを結びます。(真結び)

完成です。


桐生式バッグ包み

桐生式バッグ包み

『桐生式バッグ包み』の結び方をムービーでご紹介します。



(ムービーを再生すると音楽が流れますので、スピーカーの音量にご注意下さい)

(1) 風呂敷の表を下にして(裏返しにして)広げます。
(2) 手前側(自分側)の左右の角を真結びします。(この結び目は完成時には見えなくなります)
(3) 奥の左角を掴み、手前の結び目の上に引き寄せます。
(4) 手前から結び目の輪の中をくぐらせ、持ち替えて右側に角を出します。
(5) もう片方の奥の角も同様に、結び目の輪をくぐらせ、横に引き出します。
(6) 引き出した両角を持ち、左右に引きます。
(7)(ここが綺麗に作るポイント!)形を整えて、蓋の部分を作ります。
(8) 手前側が蓋の部分になります。
(9) 両角を上で真結びし、持ち手を作ります。

桐生式バッグ包み、完成です。

© 2016 ASAKURA SENPU CO.,LTD. All Rights Reserved.
「ながれ」および「dewelry」は、朝倉染布株式会社の登録商標です。
.:.:.: GOOD DESIGN AWARD 2011